ラインナップ

オフィスから大型倉庫まで、スペースに合わせたモデルが充実

スマートに、パワフルに進化したHVLSファン「AirVolution-D」シリーズは、スペースに合わせて多彩な製品をラインナップ。

カラーカスタマイズも可能で、あらゆる空間に最適なモデルをお選びいただけます。


 

AirVolution-D シリーズ

AirVolution-D 370
狭いスペースにも対応
オフィス、ロビーなどの小さなスペースに合うサイズと洗練されたデザインで、3.6m以下の天井高でも、ほとんど音が気になりません。
製品詳細PDFををモーダル表示するボタン

基本仕様

直径サイズ(m)
1.83m 〜 3.66m(全4サイズ)
ブレード本数(本)
6
変速範囲
1-140 RPM 〜 1-65.2 RPM
推奨設置間隔(半径)
8.53m 〜 14.63m
最大有効面積
120m² 〜 325m²
速度100%時の
静粛性(dBA)
40 〜 48
消費電力(W)
110W 〜 270W
吊るした状態での重量
23.6kg 〜 33.6kg
馬力
0.25 HP
動作可能な温度帯
最低-10℃ 〜 最高60℃

AirVolution-D 370
中型から大型スペース向け
店舗やスポーツジム、農業用地など中規模以上のスペースにおすすめ。軽量で圧迫感のないフォルムで、どんな空間にも調和します。
製品詳細PDFををモーダル表示するボタン

基本仕様

直径サイズ(m)
2.43m 〜 5.49m(全6サイズ)
ブレード本数(本)
6
変速範囲
1-220 RPM 〜 1-74 RPM
推奨設置間隔(半径)
18.28m 〜 28.95m
最大有効面積
371.6m² 〜 1393.5m²
速度100%時の
静粛性(dBA)
53 〜 61
消費電力(W)
730W 〜 1070W
吊るした状態での重量
65.3kg 〜 85.3kg
馬力
1.05 HP
動作可能な温度帯
最低-10℃ 〜 最高60℃

AirVolution-D 370
倉庫などの大規模空間に最適
過酷な使用にも耐えられるように設計されたモータにより、強力な風力を生成。倉庫、飛行機の格納庫、空港、スタジアムのような非常に大きなスペースに最適です。
製品詳細PDFををモーダル表示するボタン

基本仕様

直径サイズ(m)
6.09m 〜 7.31m(全2サイズ)
ブレード本数(本)
6
変速範囲
1-75 RPM 〜 1-64 RPM
推奨設置間隔(半径)
32.0m 〜 35.05m
最大有効面積
1858.06m² 〜 2043.86m²
速度100%時の
静粛性(dBA)
56 〜 57
消費電力(W)
1180W 〜 1550W
吊るした状態での重量
97.0kg 〜 108.4kg
馬力
2.1 HP
動作可能な温度帯
最低-10℃ 〜 最高60℃

全機種共通
導入済の冷暖房空調システムとの統合可能
ギアレスダイレクトドライブモータ搭載でメンテナンス不要、油たれ無し、音も静か
保証期間は50,000稼働時間(毎日8時間稼働で約17年以上)、コントローラはカウント機能付き
翼形状/押出成型アルミ合金、アルマイト加工
吊り下げ高は標準チューブに加えて、オプションで2.54cm単位で延長可能
*標準より1.52m以上、下に吊るす場合は別途取付具が必要です。
ブレードの基本カラーはメタリックですが、オプションで他カラーのカスタマイズも可能(188色)
ファンモーターカバーの先端に照明を取り付け可能(オプション)
 

製品パンフレット

製品パンフレットPDFデータはこちら▶

 

導入レポート集(業種別導入レポートが詳しく記載)

casestudy-uk-dairyfarmer

英国酪農家の導入事例

全ページ A4・3ページ
PDFダウンロード

 ▶乳牛へのストレスレベルを緩和。
 ▶︎冷却により生産性が高まる
 ▶コスト削減
 ▶︎更なる便益


sss-6tips

結露スラブ症候群対策

全ページ A4・3ページ
PDFダウンロード

 ▶︎コンクリート床の結露を減らすための6つのヒント
 ▶結露スラブの原因は?
 ▶金属でさえ発汗している
 ▶床面の結露を減らす方法


sss-riskmanagement

結露スラブ症候群のリスク低減

全ページ A4・7ページ
PDFダウンロード

 ▶︎結露スラブ症候群は危険な問題です
 ▶結露スラブ症候群になりやすい地域
 ▶どのように結露スラブ症候群が発生するか?
 ▶結露スラブ症候群の診断
 ▶結露スラブ問題の解決
 ▶結露スラブの原因は?


Dairy-farmer-pamphlet

マクロエアで効率的な搾乳を実現

全ページ A4・6ページ
PDFダウンロード

 ▶マクロエアの歴史
 ▶牛にとっての恩恵
 ▶︎マクロエアの特徴
 ▶英国酪農家の事例
 ▶イスラエル酪農家の事例



TOP