換気

換気対策ならMacroAir

厚生労働省の推奨換気量を大きく上回るマクロエアの換気力

効率よくスピーディーな換気を、省エネ・低コストで実現!

大容量の空気推進力で、必要換気量を秒単位で達成します

室内における「換気」の重要性が増す中、労働環境の安全性を高める対策が求められています。 空気中にある汚染物質※1を薄めて遠ざけ、新鮮な外気と入れ替えることが換気の役割。 窓などの開口部を開けるだけでなく、空気の流れをつくることで排気と給気が促進され、 より効率的な換気が可能になります。

※1 二酸化炭素や一酸化炭素、ホルムアルデヒド、ウイルス、細菌、埃など人に害のあるもの

「風通しを待つ」から「気流を生み出す」という新しい様式

マクロエアのシーリングファンは、大容量の気流を秒単位で発生させることで、速やかに汚染物質 の除去を促し、空気の入れ替えを効率的にアシスト。自然に近い気流で熱中症も予防し、 室内にいながらオープンエアのような快適空間を実現します。シンプルな構造でエネルギー消費も 少なく、メンテナンスフリーで低コスト。職場の安全・安心を守る換気対策の切り札として、 お客様の期待にお応えします。

厚生労働省の推奨換気量を大きく上回るマクロエアの換気力

厚生労働省推奨の必要換気量→マクロエア シーリングファンの換気量
1人あたり毎時30㎡※2 約2万倍 毎時586,800㎥ 産業用高速ファン34台分相当 1秒間では163㎥(約16坪・天高3m)※3


  • ※2 ビル管理法(建築物における衛生的 環境の確保に関する法律)に基づき推奨 される空間の1人あたりの必要換気量
  • ※3 AirVolution-Dシリーズ最大モデル のAVD780(直径7.31m)の換気量。 AMCA-230-99準拠
2020年3月30日 厚生労働省による発表 商業施設等の管理権原者の皆様へ
「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法▶

換気パンフレット



パンフレット
換気パンフレットPDFデータはこちら▶

安全で健康的な労働環境はマクロエアの換気力で実現




導入事例

半屋外空間での マクロエア は、自然に近い穏やかな風・
大気流を生み出し、その換気力で大容量空気を循環します





TOP